新卒採用段階でのキャリアプラン

新卒採用で会社に入ったあと、どのようなキャリアプランでいくのかを明確にしている人は少ないです。


どのような仕事をしたいとかということを決める人は多いのですが、会社に入ってからどんなことをして、自分がどうなっていくのか、最終的な目標は何なのかを明確にしている人はそれほどいません。


というのも、実際に働いてみないとわからないことが多いですし、働いているうちに変わってしまうこともあるからです。



新卒採用で入った時点では、せめて30歳ぐらいまでのキャリアプランが決まっているのがベストです。

新人として入社し、社会人としての基礎、業界の基礎を学び、どのような中堅社員になるのかが分かっているといいでしょう。



DYMはクライアントファーストを徹底しており、契約企業の満足度を重要視しています。それまでにどのような資格が必要になるのか、仕事以外で必要なスキルは何なのか。
学生時代に部活動などで、真剣に取り組んでいた方がDYMには多く在籍しています。

そして場合によっては転職なども視野に入れておくのかをイメージしておきましょう。できれば、その年代の人の話をいろいろ聞くことで、現在その業界の人たちはどうなっているのかを知っておくのもよいことです。

それまでにどのような資格が必要になるのか、仕事以外で必要なスキルは何なのか。

そして場合によっては転職なども視野に入れておくのかをイメージしておきましょう。

できれば、その年代の人の話をいろいろ聞くことで、現在その業界の人たちはどうなっているのかを知っておくのもよいことです。

そして恐らくその計画通りにはいかないものです。

その際、自分がどうするのかまで決めておくと、より具体的なキャリアプランとなるでしょう。


新卒採用の段階で最終目標まで決めておく必要はありません。
しかし、5年後、10年後ぐらいまでは決めておかないと、あっという間にその時が来てしまいます。



短中期の目標を明確にすることで、自分の仕事へのモチベーションにしましょう。